ChatGPT: MicrosoftプラントのOfficeでのチャットボット統合

ChatGPT: MicrosoftプラントのOfficeでのチャットボット統合

ChatGPTは、単純な入力を用いてテキストを生成する可能性を提供します。どうやら、このチャットボット技術は将来Microsoft 365の一部になる見込みです。COMPUTER BILDに情報があります。

OpenAIの人工知能ベースのチャットボットChatGPTは現在、ほぼ人間並みの質の回答で多くのユーザーを感動させています。キーワードや質問を入力すると、「機械」は通常、かなり高いレベルで即座に反応します。2023年1月初頭、Microsoftが市場リーダーであるGoogleに対抗するために、自社の検索エンジンBingにChatGPTを組み込む計画をしているという噂が流れ始めました。The Informationが最近報じたように、Microsoftの計画はさらに進む予定です。Officeアプリケーションへの統合も計画されています。

ChatGPTを無料で試してみる

Word、PowerPoint、OutlookなどにChatGPTを統合

The Informationが複数の情報源を引用して説明しているように、MicrosoftはChatGPT機能をWord、PowerPoint、Outlook、その他のOfficeプログラムに統合し、ユーザーが単純な入力でテキストを生成したり、メールに返信したりできるようにする予定です。この技術は、文書の変更を提案するためにも使用できます。例えば、書かれている内容をより理解しやすくしたり、専門用語を削除したりすることができます。

Outlookでは、AIは電子メールに返信するだけでなく、ユーザーが正確な検索語を入力していない場合などにメールの検索もサポートします。レドモンドに拠点を置く同社がこれらのAI機能を自社のOfficeアプリに統合するかどうか、またいつ統合するかは不明です。まだ正式な発表はありません。

ChatGPTを無料で試してみる

ChatGPTは、サーバーが混雑していなければ、OpenAIのウェブサイトから無料で試すことができます。サービスが利用できない場合は、電子メールアドレスを入力しておくと、ChatGPTが再び利用可能になった際に通知を受け取ることができます。COMPUTER BILDは、チャットボットに関するさらに詳しい情報を「ドイツ語でのChatGPTのテスト」というガイドにまとめています。

このページを評価する

BLOG

ChatGPT & Co.: BSIはセキュリティに対する「前例のない課題」を認識しています
ブログ

ChatGPT & Co.: BSIはセキュリティに対する「前例のない課題」を認識しています

サイバーセキュリティの現状は脅威であり、「いつでもエスカレートする可能性がある」とフェーザー内務大臣が警告しています。BSIは、国内のさらに多くのシステムをスキャンしたいと考えています。

金曜日:ChatGPTのニュースにもかかわらず、ヨーロッパ人3人がISSミッションに参加している一方、Bingの市場シェアは依然として低いままです
ブログ

金曜日:ChatGPTのニュースにもかかわらず、ヨーロッパ人3人がISSミッションに参加している一方、Bingの市場シェアは依然として低いままです

ChatGPT 検索エンジンにはボーナスなし + ISS ミッションは非公開で開始 + アイオワ対 TikTok + インディゲームのトレーラー + フランス対 Yahoo + 現金支払い限定

AIテキストジェネレーターのChatGPTが魅力的である理由
ブログ

AIテキストジェネレーターのChatGPTが魅力的である理由

変圧器ネットワークについて ChatGPTは、OpenAIが2020年に開発したGPT-3という言語モデルを基にしています。GPT-3は、ほぼ完璧な英語でさまざまなスタイルのテキストを生成する能力を持っています。このニューラルネットワークは、いわゆる事前学習を通じてインターネットからのテラバイト単位のテキストデータを学習しました。これが名前に「P」が含まれる理由です。また、生成するテキストがトレーニングデータ(名前の「G」)とできるだけ近くなるように学習しています。