ChatGPT: Microsoftがチャットボットをクラウドに導入

ChatGPT: Microsoftがチャットボットをクラウドに導入

ChatGPTは、まるで人間が作成したかのようなテキストを書くことができるため、物議を醸しています。それにもかかわらず、Microsoftは現在、クラウド経由で顧客がソフトウェアを利用できるようにしたいと考えています。

Microsoftは、人間が書いたかのように見えるChatGPTソフトウェアの配布拡大に貢献したいと考えています。ソフトウェア大手は2023年1月17日夜、社内ブログでこれを発表しました。したがって、ChatGPTは「間もなく」Microsoftクラウドサービスの顧客に提供され、顧客が自身のアプリケーションでこの技術を使用できるようになります。

ChatGPT: 物議を醸すソフトウェア

開発者OpenAIのチャットボットは現在、大きな興奮と懸念を引き起こしています。このソフトウェアは膨大な量の情報を使ってトレーニングされているため、人間が書いたテキストを説得力を持って模倣することができます。期待されるのは、標準的なテキスト作成を引き継ぎ、時間を節約できることです。懸念されるのは、例えば、虚偽の情報を含む期末レポート、エッセイ、テキストが数秒で生成される可能性があることです。

ChatGPT: 物議を醸すソフトウェア

Microsoftが予防措置を発表

批判者はまた、このソフトウェアがデータベースに起因する偏見や誤りを広める可能性があると指摘しています。Microsoftはブログエントリーの中で、人工知能のイノベーションに責任を持って取り組んでいることを強調しました。「ガードレール」が設置されました。開発者はアクセスを得る前に使用計画を説明する必要があります。コンテンツフィルターもあります。

レドモンドのソフトウェア大手が早期に投資

レドモンドの企業が現在この路線を取っている事実は特に驚くべきことではありません。Microsoftは2021年からインターネット経由で選ばれた顧客にOpenAIサービスを提供しています。同社はOpenAIの初期投資家であり、2019年には10億ドル(約9億2,400万ユーロ)を投資しました。その後、Windowsグループはさらに20億ドル(約18億5,000万ユーロ)を追加し、The InformationとNew York Timesが最近報じました。特に、OpenAIは必要なコンピューティングインフラストラクチャの費用を支払いました。Semaforによると、現在100億ドル(約92億3,000万ユーロ)相当の取引が議論されており、これによりMicrosoftはOpenAIの約3分の1を確保できる可能性があります。

5/5 - (1 vote)

BLOG

ChatGPT & Co.: BSIはセキュリティに対する「前例のない課題」を認識しています
ブログ

ChatGPT & Co.: BSIはセキュリティに対する「前例のない課題」を認識しています

サイバーセキュリティの現状は脅威であり、「いつでもエスカレートする可能性がある」とフェーザー内務大臣が警告しています。BSIは、国内のさらに多くのシステムをスキャンしたいと考えています。

金曜日:ChatGPTのニュースにもかかわらず、ヨーロッパ人3人がISSミッションに参加している一方、Bingの市場シェアは依然として低いままです
ブログ

金曜日:ChatGPTのニュースにもかかわらず、ヨーロッパ人3人がISSミッションに参加している一方、Bingの市場シェアは依然として低いままです

ChatGPT 検索エンジンにはボーナスなし + ISS ミッションは非公開で開始 + アイオワ対 TikTok + インディゲームのトレーラー + フランス対 Yahoo + 現金支払い限定

AIテキストジェネレーターのChatGPTが魅力的である理由
ブログ

AIテキストジェネレーターのChatGPTが魅力的である理由

変圧器ネットワークについて ChatGPTは、OpenAIが2020年に開発したGPT-3という言語モデルを基にしています。GPT-3は、ほぼ完璧な英語でさまざまなスタイルのテキストを生成する能力を持っています。このニューラルネットワークは、いわゆる事前学習を通じてインターネットからのテラバイト単位のテキストデータを学習しました。これが名前に「P」が含まれる理由です。また、生成するテキストがトレーニングデータ(名前の「G」)とできるだけ近くなるように学習しています。