ChatGPT: OpenAIのボスがチャットボットの未来について語る

ChatGPT: OpenAIのボスがチャットボットの未来について語る

インテリジェントなチャットボットChatGPTは、数ヶ月にわたり人類を驚かせ、心配させてきました。現在、開発者のOpenAIが将来の計画について語っています。

人工知能は魅力的でありながらも恐ろしいテーマです。自己思考マシンは人類に全く新しい可能性をもたらしますが、それと同時に危険も伴います。2022年11月から、米国の企業OpenAIが開発したチャットボットChatGPTのプロトタイプは、日常生活における人工知能の様々な可能性とリスクを示してきました。ChatGPTは、人々とテキストベースでの対話を開始することができます。これは、質問やタスクを入力すると、チャットボットが可能な限り知識が豊富で、雄弁で、自然な回答と解決策を提供することを意味します。これはうまくいくこともあれば、そうでない場合もありますが、既に非常に印象的であるため、この話題は数週間にわたり人々の間で話題になっています。
たとえば、Microsoftは最近、将来的にチャットボットを自社のソフトウェア製品に統合することを発表しました。ニューヨーク州教育省は、学生が宿題をするためにAIを使用することを懸念し、ChatGPTの使用を禁止しました。そして、ハッカーたちはチャットボットを使ってマルウェアの開発を加速させる計画を立てています。ここで疑問が生じます。これはいったいどこに向かっているのでしょうか?これはまさに、OpenAIのトップ、サム・アルトマン氏がtechcrunch.comのインタビューで最近尋ねられたことです。インタビューで、彼は会社の将来計画と人工知能の社会的影響についての見解を述べました。

Microsoftとの契約は独占的ではありません

まず、アルトマン氏は、最近合意されたMicrosoftとの契約では、米国の企業にいかなる独占的権利も与えられていないことを明らかにしました。OpenAIは、自社の技術を他社にライセンス供与するだけでなく、独自のソフトウェア製品やサービスを立ち上げることにも積極的です。実際、他の製品も既に開発中です。アルトマン氏によると、ChatGPTとデジタルアートジェネレーターDALL-Eに加え、OpenAIはビデオモデルにも取り組んでいます。彼は詳細を明らかにしておらず、何が背後にあるのかは不明です。開始日もまだ設定されていません。これは研究プロジェクトであり、完成までに時間がかかる場合があります。

ChatGPTの言語モデルの第4版が現在開発中で、これによりAIはさらに適切に表現できるようになるはずです。ここでもアルトマン氏は具体的な日付を明

らかにしておらず、期待を高めています。新しい言語パッケージはまだ、いわゆる汎用人工知能(AGI)、つまり独立して思考する人工知能ではありません。代わりに、新しい言語モデルは引き続き深層学習に依存します。これは、AIが試行錯誤の原理に基づいて問題を解決することを意味します。

Microsoftとの契約は独占的ではありません

AI技術は避けられない?

アルトマン氏によると、長期的にはOpenAIはAGIへの移行を目指しており、このタイプのAIの利用可能性は多くの人が考えているよりも近いです。しかし、OpenAIの責任者は、ディープラーニングとAGIの間の移行はスムーズであり、突然の変化は起こらないと想定しています。ChatGPTと人工知能全般の危険性について尋ねられたとき、アルトマン氏は、リスクを最小限に抑えるために会社がさまざまな対策を講じ、外部のテスターや研究所を雇用していると説明しました。

同時に、テクノロジーは進化しており、もはや止めることはできないと彼は指摘しました。OpenAIがそれを提供しなければ、別の企業が提供するでしょう。したがって、人々は新しいテクノロジーに対応し、共存する方法を見つけることが強く推奨されます。したがって、彼はChatGPTのようなプログラムを現在公開することが正しいと考えています。テクノロジーがまだ初期段階にある今、社会が適応するための時間がより長くなります。アルトマン氏は、子供たちが宿題でAIを悪用する可能性があるという事実を過度に心配することは無意味だと信じています。それは避けられないからです。

AIは救世主にもなり得るし、破滅をもたらす可能性もあります

長期的には、教師が生徒に課題を割り当てる方法がAIによって変わるだろうと彼は考えています。アルトマン氏は、この進化をポケット計算機の導入が現在の計算問題の処理に与えた影響と比較しています。しかし、OpenAIの責任者は、人工知能が大きな危険をもたらすという事実を否定していません。彼の見解では、最良のシナリオでは、AIは信じられないほどの方法で世界を変える可能性があります。最悪の場合は、人類が完全に絶滅する可能性もあります。

このページを評価する

BLOG

ChatGPT & Co.: BSIはセキュリティに対する「前例のない課題」を認識しています
ブログ

ChatGPT & Co.: BSIはセキュリティに対する「前例のない課題」を認識しています

サイバーセキュリティの現状は脅威であり、「いつでもエスカレートする可能性がある」とフェーザー内務大臣が警告しています。BSIは、国内のさらに多くのシステムをスキャンしたいと考えています。

金曜日:ChatGPTのニュースにもかかわらず、ヨーロッパ人3人がISSミッションに参加している一方、Bingの市場シェアは依然として低いままです
ブログ

金曜日:ChatGPTのニュースにもかかわらず、ヨーロッパ人3人がISSミッションに参加している一方、Bingの市場シェアは依然として低いままです

ChatGPT 検索エンジンにはボーナスなし + ISS ミッションは非公開で開始 + アイオワ対 TikTok + インディゲームのトレーラー + フランス対 Yahoo + 現金支払い限定

AIテキストジェネレーターのChatGPTが魅力的である理由
ブログ

AIテキストジェネレーターのChatGPTが魅力的である理由

変圧器ネットワークについて ChatGPTは、OpenAIが2020年に開発したGPT-3という言語モデルを基にしています。GPT-3は、ほぼ完璧な英語でさまざまなスタイルのテキストを生成する能力を持っています。このニューラルネットワークは、いわゆる事前学習を通じてインターネットからのテラバイト単位のテキストデータを学習しました。これが名前に「P」が含まれる理由です。また、生成するテキストがトレーニングデータ(名前の「G」)とできるだけ近くなるように学習しています。